弁護士法人美咲法律税務事務所 (旧:弁護士法人  宮本総合法律税務事務所) 新潟市中央区美咲町1丁目8番15号 LTMセンター (リバーリオ美咲3F)

TEL 025-288-0170

FAX 025-288-0172

5名のプロフェッショナルがチームを組みあらゆるニーズをワンストップでサポートします。

借主の保証人への滞納家賃の請求

借主が家賃を支払ってくれない場合には、賃貸借契約締結時に借主の(連帯)保証人に対して滞納家賃を請求することができます。保証人は滞納家賃などを借主に代わって弁済する義務があります。なお、立退き・明渡し請求は原則として借主を相手にしなければなりません。

保証人への請求.png
 
契約時には、必ず保証人を付けるようにしましょう。この保証人は「連帯保証人」とすることが重要です。単なる保証契約ですと、大家が保証人に対して未払い賃料を請求した場合、保証人は「借主はお金を持っているのだから、まずは借主に対して請求すべきだ」という反論をすることできます。しかし、連帯保証にすることでこういった反論を防ぐことができ、借主に対して請求をせず、いきなり連帯保証人に対して請求することができるのです。
保証人がいないという場合には、保証会社の保証を受けられることを条件にすることもできます。
 
契約時のポイント
1. 保証人は必ず連帯保証人にしましょう。
2. 契約書には保証人本人に自署してもらいましょう。
3. 保証人の支払能力を確認するため、その収入証明を取りましょう。
 

不動産に関する記事です。こちらも合わせてご覧下さい。

家賃滞納対策の流れ

未払い家賃の回収

借主の保証人への滞納家賃の請求

支払い能力があるにも関わらず、家賃を滞納している借主への少額訴訟

借家人に対する家賃の値上げ交渉

借主から値下げを求められたら

立ち退き・明け渡し請求の流れ

立退きを求めることができる場合

立退き料について

不動産トラブルに関する解決事例


banner_01.jpg

弁護士法人美咲総合法律税務事務所(旧:弁護士法人宮本総合法律税務事務所)

〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番15号
LTMセンター(リバーリオ美咲3F)

TEL 025-288-0170 FAX 025-288-0172